脆弱性診断を“プロの目線”から実施

脆弱性診断サービスでは、WEBアプリケーションが稼働している環境の安全性を調査することで、脆弱性の有無やそのリスクを判断するサービスです。アプリケーションの脆弱性がもたらすインシデントには、個人情報の漏洩やECサイトなどにおけるなりすまし、不正なコマンド攻撃によるサービス停止など、様々なものが挙げられます。これらセキュリティリスクを最小限に抑えるためにも、WEBアプリケーションの脆弱性を“プロの目線”から診断するこのサービスは環境や構築方法を見直す上で非常に有用だと言えます。

 

脆弱性を発見してセキュリティリスクを可能な限り軽減する

セキュリティテストWEBサイトを持っているあらゆる企業が対象になるWEB脆弱性診断サービスですが、最近ではWEBサイトをビジネス基盤の中心においているECサイトやSNSサイト、ゲーム系サイトなど、頻繁にサービスを立ち上げたり改修・追加開発したりする企業様からの依頼が増加傾向にあります。また、提供しているシステムがセキュアであることを証明するために、開発段階から脆弱性診断をご利用いただいているSIER様やシステム開発会社様も増えつつあります。
サービスを利用する主な目的は、脆弱性を発見してセキュリティリスクを可能な限り軽減することが主ですが、第三者から診断を受けたというエビデンス(証拠)を残し、顧客に安全性をアピールする狙いを持っている企業様もいます。また、開発ライフサイクルに診断サービスを組み込み、セキュアプログラミングの環境を自社内で作り上げることを目指す企業様など、サービスをご利用頂いている目的は様々です。
開発における早期段階で診断を行ったほうが手戻りも少なく、結果として開発コストを抑えられるといったことも、効果としてあげることが出来ると考えております。
 

機能テストと脆弱性診断を一括で依頼して負担を軽減

脆弱性診断・セキュリティテスト機能テストと一括で
脆弱性診断を依頼可能
脆弱性診断・セキュリティテストノウハウを熟知している
技術者が診断するので安心
脆弱性診断・セキュリティテストサイバーセキュリティ保険の
申し込みも可能

機能テストを行うことにより、目的の画面に進むためにはログインが必要…など、脆弱性診断を行ううえであらかじめ知っておいたほうがよい情報を整理することができるため、脆弱性診断を行う際のお客様の負担が軽減されます。脆弱性診断自体は、より専門的な脆弱性診断のノウハウを熟知している技術者が診断いたしますのでご安心いただけます。また、GENZはあいおいニッセイ同和損保の代理店となっておりますので、一段階上の安心感を得たい場合はサイバーセキュリティ保険にお申し込みいただくことも可能です。
 

お問い合わせ