Project Improvement

GENZはテストと品質の会社です。
受託開発におけるテスト工程( 単体テスト・結合テスト・システムテスト等 )の品質マネジメントだけではなく、上流工程からの品質向上を考えています。

ドキュメント作成と更新管理。基本設計・詳細設計の仕様書レベルでの整合性チェック。
ビジネス要件、サービスの要求まで掘り下げたうえでの仕様の問題点洗い出し。

先行する工程の品質が低ければ低いほど、後の工程でそれを挽回するのは難しくなります。

GENZには、様々な業種・業態のサービスやシステムについて、実際に触りながらテストを行ってきたからこそ、見えるものがあります。

上流工程から品質チェックを行うことで、やり直しが少なく、効率の良い、プロジェクト進行のためのご提案と遂行をお手伝いします。

受託開発の主な流れ
1.要件定義 お客様との打合せを行い、要件定義で検討が漏れていた箇所や、合意形成が十分でなかったポイントをおさえ、システム全体の要件や目的、進め方などを決めていきます。
2.基本設計 ポイントとしてテスト工程で困らないを念頭に、要件定義で決定した内容を具体化していきます。
「基本設計書」を作成し、業務フロー、データベースやネットワーク、画面や帳票のイメージを決めていきます。
3.詳細設計 2.基本設計で決めた内容を、機能に分割し、より詳細にしていきます。
「詳細設計書」を作成し、帳票の詳細項目や、画面に表示するメッセージ内容などを決めドキュメント化していきます。
4.プログラミング 3.詳細設計書をもとに、実装を行います。
5.単体テスト 単体テストでは、関数やメソッドなど小さな単位で、プログラムがきちんと動作するかテストを行います。
6.結合テスト 結合テストでは、単体テストでテストされた小さな単位のプログラムが、それぞれ連携したときに問題なく動作するかテストを行います。
7.システムテスト システムテストでは、システム全体として問題なく機能するかを確認します。